フミユセラピストアカデミー生徒の声

フミユセラピストアカデミーの卒業生の体験談です!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
私がロミロミと出会ったのはある情報誌を見ている時でした。

初めて目にするロミロミという言葉と名前の可愛らしさにひかれ、
ずっとなにか手に職をつけたいという思いもあり、
マッサージはされるのはもちろん大好きだし、
人にするのも嫌いではなかったので、
エイッと勇気をだしてフミュさんへ行きました。

そして習い始めたらとてもおもしろく(もっと早くはじめればよかったーと思った)、
まったくマッサージについての知識がなかった私でも
リカ先生の的確な教え方によって人の体の形を変えることができ、

また人を癒すことが出来るんだと思うとさらに興味がわき楽しくなっていきました。


今では本屋での立ち読みは体の本ばかりです。
買えよってかんじですが(笑)



また周りに疲れている人の多いことをあらためて感じ、
そんな人達を心も体も癒せる自分になりたいと目標は高く、
実際には…と思いながらロミロミ道にはげんでいます。


ずばり私の目標はリカさんです。

こんなにも分かりやすく、面白く教えていただいたからこそより夢中になってやってこれました。

感謝です。

きっととても勉強されてるんだろうなぁといつも感心しています。


もちろんフミユさんのあったかい雰囲気も大好きです。

私も知識と経験をふやして、LOVE・のあるロミロミができるように暮らしていきたいです。

ロミロミをすることで人にも喜ばれ自分も癒されることがとても嬉しいでーす。

I市 マキさん
スポンサーサイト
現在、自分は満49歳です。

この文章を読んでいる、あなた。

歳を取ったら何も出来ないと思っていませんか?

決められたレ-ルの上を走っていませんか?

あなたは、チャレンジしないのですか?

なぜ、無駄な努力だとあきらめるのですか?

あなたは、ただ漠然と1日を過ごしていませんか?

別に、そんな生き方が悪いとは言いませんが…。


自分は今まで生きてきて、心の奥底に何か“くすぶって”いるものがありました。

それを無視し続けることは出来ませんでした。

その為、いつもストレスを心の奥にしまい込んでいたのです。


そして、チャレンジの扉を開けた後、気付いたのです。

心の奥底に“くすぶって”いたものは何だったのか!

それは、“自分らしく生きること”この事に気付いたのです。

すると、ストレスは無くなりました。

生きることが楽しくなって来たのです。


そう、自分は生まれ変わったのです。


確かに、歳を取ると残りの人生を考えます。

今更、苦しい思いをしてまで…。と、

でも、自分は整体師をしていて、苦しいと思ったことはありません。

むしろ、喜びを感じるのです。

それはなぜか…?

“やりたいこと”をやっているからです。


自分は、人間は、年齢など関係ないことを身をもって実感しました。

人生は何歳からでも変われるのです。


あなたは、心の中に“くすぶっているもの”はありませんか?

もしあるなら、迷うことはありません。

自分もこの歳で再スタ-トが切れたのですから。

チャレンジして下さい。

後悔して生きるより、ずっと良いと思いませんか。

もう一度いいます。


人生は何歳からでも変わることが出来るのです。


長谷川 泰史

FTAに学びに集まる人たちは、直感やイメージの脳と言われる右脳派が多い。

データや理論の脳と言われる左脳派の僕は言ってみれば少数派。

左脳派の僕は今まで、イメージの大切さも頭ではわかっていたけど、目に見える物、形に残る物に意識を向けがちで、解剖学も本を見て暗記する物だと思っていた。

FTAのテキストの多くはイメージ(写真)だけで構成されている、つまり整体を学ぶ上では、イメージがとても大切(あたり前だと言われそうだけど)。
身体は表面は見ることができても、筋肉や骨はイメージしないとわからない、動かせない。

骨を動かせなかったら、整体師じゃない。

データや理論、言葉に頼りがちな左脳派の僕の弱点は、一度、言語化して言葉にしないと理解が進まないことにあった。
ついつい“教えてもらう”=いわゆる学校の授業の様な、黒板を使って、言葉で教えてもらうということに、フォーカスが向きがちだった。

でも、整体を学ぶ上では、身体を通して、“感じる”ことがとても大切、言語化することができない技術の核になる部分を、先生のお手本を見たり、受けたりして、“感じ取る”(時には盗み取る)ことが不可欠だった。

つまり、学ぶのではなく、“感じる”ことがとても大切だという教えを頂きました。
同時に「言葉では伝えられない事がある」ことも体感を通して教えて頂きました。

患者さんに施術をする時にも、“感じ取る”ことはとても大切。

多くの情報やニーズを患者さんから“感じ取る”ことで、痛みをとるだけじゃない、身体を診るだけじゃない、その人をトータルで診ることができ、言葉では伝えられない何かを伝えられる、そんな整体師を目指したいと思う。

最後にブルース・リーの有名な台詞から、
「Don't think , FEEL !!」

整体院 海癒(かいゆ)
ひびの 正春
FTAのカリキュラムは、プライベートスクール、と名の付く通り、

あるようで、ない。ないようで、ある。

形を定めない授業ですね。

向いている人、向いてない人がはっきり分かれます。

でも?万人受けするスクール、なんて、一体どうなんでしょうね?


その人のレベルに合わせて、

その人の欲しがっているモノと、今その人に必要なもの、とのギャップ、

技術を覚える=目的をはっきりさせる=結果に結び付ける。

技術を身につけていく過程は、自分の人生をデザインしていく過程と、一緒!!


そんな「当たり前」の事を繰り返し学んでいます。

自分のレベルが昔と違えば、一度体験した技術の授業も、全く違った角度から捉えられる。

後輩スクール生の成長していく姿を客観的に見ることで、

お客さんの身体が良くなっていくには、こう指導すれば良いんだ!!とヒントを貰ったり・・・


最後には、全部がつながってくるんだ!と感じています。


自分は、自他ともに認める不器用者です。

だから何十回、何百回試して自分のモノになった技術しか信用できない。

ベテラン、と周りに言われるようになった今でもそれは変わりません。



「復習」と言っていますが、「軌道修正」って事です。



成功の定義なんて人それぞれです。他人の成功の事なんてはっきり言ってよくわかりません。

でも今後の自分に向けて、あえてこのタイトルを。


泥臭く前進していく自分を、暖かく見守ってくれる先生方、

スクール生の皆さんに、


この場を借りて感謝させて頂きます。



あ、え~と・・・スイマセン!!いつも安価で参加させていただいちゃって(笑)


名古屋市 アサノー
フミユセラピストスクールに勉強させて頂いて、

早二年の月日が経ちました。


卒業後、
すぐにアパートの一室を改装して店をオープンさせ、
今に至っています。


在学中、そしてその後RooTs・道場で技術を
磨かせて頂いて、
治療家としての目を開かせてもらっています。


こんなやり方があったのか、

こうすれば楽に効果を出せるんだ。。。等など、

大変ですが楽しい学びの時を過ごさせてもらっています。



又、宣伝等のノウハウも沢山教わっておりますが、
何もしていない現実に経営の厳しさを実感しています。

最初に教わった事が、一番大事!!だと、
(これは何の習い事でも同じだと思うのですが・・・)
二年が過ぎて、
やっと身にしみて判ってきたようです。


私の場合は、
スクールの通い始めに鈴木先生に
「今までやって来た武術が、きっと役に立つ時が来るよ!
 同じ学問でも、数学と化学は理系でも違うでしょ?
 でも、何もやっていない人より深く他のことをやっておけば、
 きっと役に立つ!その内に馴染んできて思ってもいない所が出てくる!」

・・・・・・・と言って頂きました。


整体も武術も体を使うという一点で同じものです。


壊すと治すの違いはありますが、
活殺自在を求めて、
これからも精進して行きたいと思います。


体術(合気・武術)も整体も、
相手に触れる(タッチ)が大事であり、

一番大事!だと思います。

まず相手(患者)の見取りが出来る様、
これからも頑張っていきたいと思っています。


              S市 洞口 博行
自律神経・・・不思議、発見!!

今日は自律神経調律の授業でした。


人間のカラダって不思議だなぁ~と実感。

スクール受講中は、新しい事を覚えるのに必死で
こんなに沢山の発見はありませんでした。


先生や先輩が言っていた「復習からが面白くなってくる」
・・・・・・これは、そういう事だったんだ。



一緒に学ぶ先輩の先生からも、様々な発見をもらえる。


先生の言葉のひとつひとつも、
多分受講中にも同じ事を聞いているとは思うのですが、
もっと深い所が見えてくる。


生まれて初めて聞いたかのように・・・?!(復習なのに)


目を丸くして驚いている自分がいます。


大海原のように広くて深い。

大丈夫か?自分・・・と思いながらも、

好奇心と面白さに負けて、

この道をこれからも歩いて行こうと決意している。



先輩や後輩に施術してもらって、
こんなに気持ちいいものなら、
私の手でも、
多くの人にそれを味わってもらいたい!と、
心の底から思った今日でした。

嬉しいです。


ありがとうございました。
     

             K市  松浦 直子
私がスクールに通い始めて、もう二ヶ月くらいになります。
その間に何人もの先輩方と、何度もお会いしました。

お会いするたびに、
技をかけさせて頂いたり、
技をかけて頂き、
先輩方は、体のことをすごくご存知なので、
技の利かせ方・利いているポイントを鋭く指摘して下さいます。

卒業後の復習や、現場での臨床が
ご自身の技の体得につながっているのだろうと思います。


骨・筋肉の形を立体的に想像出来れば、
手技の利かせ方も意味も見えてくるでしょうし・・・・・。


先輩方とお話させていただくと、
自分は本当に、まだまだだ!!と改めて実感します。


そんな私にも、嫌な顔一つせずに一緒の学びや、
または歓談の輪に入れて下さる先輩方の温かさを有難く思っています。


今日は自律神経調整の施術を習っていたのですが、
只今、副交感神経がMAXで優位になっているので、
この文章もまとまりがありません・・・・・。


脳内麻薬出まくりです(笑)。

                F市 加納 優圭

フミユセラピストアカデミー

Author:フミユセラピストアカデミー
FC2ブログへようこそ!

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。