フミユセラピストアカデミー生徒の声

フミユセラピストアカデミーの卒業生の体験談です!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
12/18のRootsと望年会の感想

今回のRootsは筋カウンターストレインの頸椎、後頭骨、肩甲骨部。

前回の僧帽筋へのアプローチでも瞬時の変化に驚いたのですが、今回の後頭骨付近の筋は緩めにくい上、ここが緊張すると頭痛や吐き気なども引き起こす原因となるので、どうやって変化を出すのか?と興味深々でした。


そして、思ってもみない逆転の発想?で、

受け手の患者さんにも「あっ!今緩んだね」とすぐ実感してもらえる方法で、

驚くと同時にうれしくもなる内容でした。


シンプルなんだけど、しっかり生理学、解剖学的に裏付けられていて頭でも納得できる、
そして患者さんも自分も喜べる施術。

私自身も明日からまた患者さんに楽しんでもらおう!とわくわくさせてもらえる内容でした。


技術の勉強もおもしろいのですが、

鈴木先生の座学!今回のテーマ、先生自身のブラックボックスに焦点をあてながらの、

「仕事とは?」に始まり「9勝6敗」のテーマまで。今の自分に染み入る内容でした。


特に「9勝6敗」。安心しました。


これでいいんだと。また今日もモチベーションをボトムアップしてもらいました。


一日のスクールが終わり充実感いっぱいのまま、望年会へ。

今年は特別な年だから忘れちゃいけないよってことで(望)年会。

サラリー時代を経験している私にとって忘年会の固定イメージがあったのですが、
お店へ行ってみてビックリ。

おしゃれ、粋、こだわり・・・何よりそのお店から”楽しんでる感”が出ている。


みんなで各々クリスマスのかぶりものを身に着け、


おいしいものを食べ、ダンス大会もあり、


普段交流していなかった人の意外な姿も見ることができ、


情報交換もし、笑いあり笑い涙ありの濃縮された会でした。



こんな会に参加できるとは、

私もおしゃれになったもんだとほくそ笑みつつ一年最後のスクールを楽しませてもらいました。


ありがとうございました。

CIMG5918.jpg



大阪 シードカイロプラクティック からだの音かおん
                              志戸夏美
スポンサーサイト
非日常です。  

今回のROOTS(DOJOには参加できませんでした・・・)の内容は、

カウンターストレインの総集編。

一つ一つの筋肉をゆるめるための手技に加えて、

肩こり、姿勢維持などに関わっている大切な筋肉「広背筋」にクローズアップした内容でした。


全身の筋肉の中でも最も多くの関節をまたいでいるこの筋肉、

「痛み」の場所によってもさまざまな緩解方法が考えられるのですが、

(自分なりにもやってきたつもりです)


今日の内容は、

「とことん理詰めで!!」

ちょっと圧倒的な位の情報量で、ノートを取るのも必死でしたね。


普段、感性を重視している(ように見える、見せてる?)理楽整体の、

理論の真髄、先生の考えているアタマの中身を、

少しだけ覗かせてもらえたような気がしています。


やはり、自分で技術を発想するためには、これ位はモノを考える事って必要なんですね!!

当たり前なのですが、貴重な経験でした。


終了後は場所をガラリと変えて、

忘年会、ならぬ「望年会」!!!


この望年会、

繁華街などへくり出して、ダラダラ~と飲み、とりとめのない会話に終始する、

巷の忘年会とはひと味もふた味も違います!


さまざまな、仕掛け、イベント、

全員参加のアトラクション(?)

が盛りだくさんの内容で、三時間があっという間!!!


ちょっと面白いな~と感じた事がありまして・・・

「非日常」それぞれのスピーチや、ダンスコンテストなど、次々と割り振られる役割に乗っかったり、

乗り遅れたり、普段のフミユで練習している仲間だけの関係では、

絶対に見られない一面が、オモシロい位見つけられた事です!!


これは、

今日のROOTSの内容、

「同じ筋肉に、同じテクニックを使うにも、

あんな見方もできるし、こんな見方、魅せ方をする事もできる・・・それを相手に伝える」

シンプルな事柄だからこそ考えに考えを尽くす、というのにも通じるのではなかろうか???


いつも楽しく学ばせていただいております。

そんな一見見落としがちな事を、仕事にも活かせている気がしている毎日です。

ありがとうございました。
CIMG5945.jpg



名古屋 からだ工房Sara アサノ シンイチロウ








今年の4月、

FTA(フミユセラピストアカデミー)を卒業した僕は

翌5月より、FTAの真骨頂ともいえる、『ROOTS』に毎月参加するようになりました。


当初は、まだ解剖学の知識もよくわかっていない自分が、

臨床の現場で、すでに活躍されている先輩方の中に入って、学んでいけるのか?



そんな不安な気持ちは、今までスクール受講中に学んだものとはまったく違う、

新鮮で驚きの連続だった手技の数々に、

夢中になっているうちに、消えてしまったようです(笑)。


じゃあ『ROOTS』って、

他の整体スクールでは、絶対に学べないすごい手技を学べるところなのか?

開業して成功するためのノウハウを、先生や先輩方から得られる場所なのか?

いえいえ、そんな一見美味しそうな魅力に惹かれて、参加するばかりでは

本当に大切な事は学べないんです。



『ROOTS』に参加し始めて、早6か月になりましたが、

ここで学んだ一番大切なものは、、すごい手技の数々や、開業して成功するための

表面的なノウハウでなくて、

『自分自身という武器の精度や魅力を高め、

それを表現していく事』の大切さや、楽しさ、だったんです。



「表現する」とは、アウトプットしていくという事。



そして自分の持つリソース(キャラクター、好きな事、価値観)を、施術と一緒に『与える』という事。

『ROOTS』とは、現在進行中の自分を、自己表現する実験の場だと思えるようになりました。



だから、『ROOTS』で何かを得よう、という受け身のスタンスばっかりでは、

実は何も得られていないのと同じ。



これを先生いわく、

『営業力より、影響力』というフレーズで、バシッと魅せてくれます(笑)。



6か月かけて、ようやくその事に気付いたノロマな整体師のタマゴですが、

開業整体師として、自由自在に楽しく生きていくために、

この『ROOTS』で、自分磨きを続けていきたいと思います。

CIMG5888.jpg




山梨県 甲府 野木 秀樹


















DOJOは、唯一基本を確認出来る場であり、

普段の施術が如実に表れてしまう場でもあります。


ROOTSでの新技や、どこかで参加するかもしれないセミナー等は、
もちろん大切ですが、仕入れるばかりでアウトプットする場ではありません。



そういう意味では一番恐い場所かもしれません。

だからこそ「必要」。


必要なことから逃げたら、発展は無いと思っています。



又、DOJOに来られる先輩方や後輩の方々とは
ROOTSだけ参加の方々より不思議と距離が近く感じられるようになっていく気がします。





その中で、同感や共感が生まれていきます。



朝早く起きて来る価値は充分すぎる程あります。


ここ最近は実力のある後輩の方々が増えてきました。



恥ずかしくないようにアウトプットしていきたいと思います。


CIMG5955.jpg


三重県   南 (からだ工房ミノアカ)



整体スクール
フミユセラピストアカデミー
http://www.fumiyu.net/seitai/


どうしてこんなに息苦しいのか・・・
こんなに退屈なのか・・・


何かは分らないけど、とにかく漠然と将来が退屈でした。
モヤモヤ感です。





何をやろうにも興味がわかないのです。

そんな時にフミユに患者としてきました。
(ロミロミでしたけど)


その時に気がつきました。
自分の体って自分が思っているよりもすごく疲れている、と。




そこからです。

自分のこと(心も体も含めて)をもっと知りたいと思ったのは。





もともとアロマの勉強で
多少の知識はありましたが、


理楽整体とは全く違うものです。



その人自身が持つべきスタイルを毎回少しずつ気付かせてくれるのです。





緩急のある4時間、
休憩時間さえもワクワクします。




差し向かいのエンターテイメントが繰り広げられるのです。





まだまだスタートラインの第一歩を踏み出したばかり。


転びながら、つまずきながらも進んでいくことがすごく楽しみです。

CIMG5540.jpg




                静岡県 新田





ありがとうございました。
これからも一緒によろしくおねがいいたします!





整体スクール
フミユセラピストアカデミー
http://www.fumiyu.net/seitai/

フミユセラピストアカデミー

Author:フミユセラピストアカデミー
FC2ブログへようこそ!

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。