フミユセラピストアカデミー生徒の声

フミユセラピストアカデミーの卒業生の体験談です!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
FTAに入学して半年が過ぎました。


寒かった季節から、気が付いたらもうすぐ夏。

あっという間です。




その間に卒業され復習に見えた先輩方に学び、


また見学に見えた方が入学された事で、


その時の自分を思い返してみたりと、、、今とても恵まれた環境です。




座学では、毎回新しい「気付き」があります。




常に具体化にイメージすること。



常に自分に問いかけること。



常に世間や常識に囚われない”自分の視点”を持つこと。



常に「整体セラピストとして、何をするべきか」を考え続けること。





これを発信すること。




技術もアウトプットするパワーも、まだまだ足りないなぁ~と痛感。




でも、その足りないところをいつまでも続けることができるもの


(それを受け入れてくれるもの)、


FTAの素晴らしいとこと。




この整体の仕事が好きで、好きだからいつまでも負い続けて、


且つ、、、、自由であれば、、、、、、


いつか快感物質で脳がスパーク!するんじゃないかと、ドキドキワクワクしています。





その日まで、前進あるのみです。


CIMG6472.jpg



              S田・K


スポンサーサイト
私は結婚以来8年間、ずっと専業主婦をしてきました。



専業主婦と聞けば自由気ままなイメージがありますが、


二人の息子の世話と、家事をこなす毎日は意外と忙しく、


ドタバタと毎日過ごしてきました。




その息子達も小学校、幼稚園に通うようになり、

久しぶりに一人の時間を持てるようになった時、

「このまま専業主婦でいいのかなぁ。」と考えるようになり、


40歳の誕生日が近づくにつれ、

「何か勉強したい!」と思うようになりました。



では何を勉強しようか?と考えた時、

普段から主人が腰が痛いと言っていて、

時々接骨院などに通っている姿を見て、


もし私が整体を勉強すれば主人を見てあげられる、


将来は息子達を診てあげることも出来るという思いから、


整体を勉強してみたいと考えるようになりました。




それが”きっかけ”で、FTAに入校させていただくことになりました。



スクールは、とても楽しいです。


先生のお話は、すごく勉強になります。



整体の技術に限らず、


姿勢・話し方・物の考え方など、


今まで普段深く考えたこともなかったことに、沢山気付かされました。




スクールも中盤に入りますが、

スクールを通し整体技術の習得をしつつ、

人としても成長できるよう、頑張りたいと思います。

CIMG6305.jpg
雰囲気の良いアメリカンハウスで、


白衣でなくポロシャツの襟を立て。

髭を蓄え色黒のガッシリした男性が整体している姿に、

正直驚きました。



今までの整体のイメージと全く違ったからです。


ここなら自分が納得して通える!と心から思い、入校を決意しました。




スクール見学では、

現役生2名に卒業生2名。



先生と施術されている先輩の意見が聞けて、


施術している姿を見ている先生の指摘、休憩時間の充実に満ちた現役生の表情。




自分の”ピン”をじっくり見学しながら、


確認中の私に先生が一言、



”大丈夫!いつから来る?”と、優しく声を掛けて頂いたことで入校を決めました。





この一言が色んなことに悩んでいた自分の背中を押してくれた気がしたのです。



多くの卒業生を輩出し、


尚且つ、多くの開業者を成功に導いている人の自信が、


この言葉に含まれていたように感じました。



今は会社員ですが、


いつか自分が思い描いた生き方が出来ることを強く信じ、

ここで多くを学んで成長させて頂きたいと、考えております。



これからもご指導のほど、宜しくお願い致します。


CIMG6475.jpg



               K・T
私が整体の勉強を始めた動機は、二つあります。


一つ目は、自分の息子達に施術してあげたい!という思いからです。


次男は高校より本格的に陸上を始め、三男はサッカーをやっています。

特に次男は度々故障に悩まされ、

その都度、様々な治療院へ通いましたが、

「ここだ!!」という所に巡り合いませんでした。




二つ目は、

自分の将来像をイメージ出来なかったからです。




現在、私は会社員です。



会社や今の生活に不満がある訳ではありませんが、


今後子供達も手を離れ『自分は一体何をやっているのか?!』

・・・・・と考えた時に、具体的な回答が出てきませんでした。




そんな時に子供のことも重なり、


人に喜んで貰い、自分の努力、センスを個人として、


”評価”される仕事に”魅力”を感じました。






では?何故FTAに入校を決めたか?というと、


多くの卒業生が「独立開業」していること、


見学時の授業の雰囲気、


会社へ行きながら自分のスケジュールで通える事、



そして何より、


卒業後の「復習」、「新技術」の習得など、


継続して勉強できる場所があるということが一番の決め手です。






FTAに入校してまず思ったことは、


入校している方々が明確な目的を持ち、


真面目に取り組んでいるという意識の高さを感じました。




先生方も「職人」を育てるという思いで指導していると感じました。



もう一つ思ったことが、


先生の講義がとても楽しみということです。





自分の知らない様々な価値観を、体験を交えながら非常に分り易く


お話をしてくれるので、とても面白いです。



技の授業では、先生方が素人の私でも分るように

一つ一つ親切に教えてくれます。




卒業後復習に来ている先輩方も、

「自分は、こういう感じでしている」

「こうした方が、より楽にできる」などアドバイスをして頂き、

とても参考になります。


今は、スクールに通うのが楽しみです。


今後は収録する技や、専門的な知識など覚える事がどんどん増え、


更に復習をしっかりやらなければならないと思っています。

CIMG6471.jpg

                      Y・T
鈴木先生が一般の方に講演されているという、

骨盤・姿勢・症状との関係は、

分っているようで全然分っていない内容もあり、

大変興味深く聞かせて頂きました。






現在自分が行っているマッサージに対する的確なアドバイスでは、


いつの間にか無意識のうちになっていた自分では全く気付いていないことを


ご指摘いただき、本当に目から鱗が落ちる思いでした。




施術に対する「ストーリーがない」、


「的確なトーク」などは、


自分にとって一番難しいことであり、大きな課題だと感じました。

CIMG6273.jpg




                   内田
今日のスクールでの講義は、


『プロの整体師として、開業成功するための要素』でした。





腕が良くて、治せば繁盛する?!



店舗?!




気軽さ?!




コミュニケーション?!




時間?!





必要なモノは?!などなど・・・・。





今の自分には、足りないものだらけだと痛感しました。



そして、時代が常に流れているように、



すべての事も、前進(進化)させていき、




止まったままではいけない!と感じました。



自分に必要なモノを一つ一つ確実にモノにできるようにし、



自分自身も前進させていかなければならないと思いました。

CIMG1061.jpg





                H・T


私は現在休日が確保されいて、

収入も身分も保証されている「ある職業」に就いています。

続けていれば一生安泰、子供の憧れであり、

多くの人の信頼も得ていることでしょう。


学生時代に就活した時、

この安定した仕事に飛びつきました。


就職氷河期といわれる時代に、無事就職が決まり両親も喜んでいました。



働き始めて1年ほど経った頃、

勤務中にふと自分の顔を鏡で見た時、残念なことに気付きました。


全然活き活きとしていないのです。


体調が悪いわけでもないのに元気がない、つまらなそうにしている自分がいました。



この時、今の仕事を続けていくことが怖くなりました。




この仕事を続けていれば、生涯安泰で生活に困ることはないでしょう。


でも、命という限られた時間を”安定”のために使って生きていくことが、

とても勿体無いことに感じられたのです。



せっかくこの世に生まれてきたのだから、

やりたいことをやって、後悔のないようにしたい。

安定と引き換えにやりたいことを残して死んで行くよりも、

安定なんて放り出して、

「やっちまった」と笑って死んでいきたいと考えました。

・・・・・どうせ死んだら骨になってしまうのですから。




そこで色々と考えた結果、

長年スポーツに関わってきた経験から、

興味のあった「カラダのこと」を勉強しようと決めました。


自分の周囲にカラダの悪い人が多くいたのも、

整体を勉強しようと決めた理由のひとつです。




FTAに入校したのは、

しっかりした技術を学びたかったこと。


少しでも早く独立開業したかったこと。


それから『直感』で決めました。



先に挙げた「確かな技術と開業」に繋がるというのは、

欠かせない条件でしょう。




私の中で重要だったのは、三つ目の『直感』でした。





まるで自分の鼻が利いて、匂いを嗅ぎ分けるように、

FTAにはいい匂いを感じました。


これは、まずFTAに足を運んでみなければ分らなかったことです。



スクールは月に3~4回ペースで通っています。

スクールの勉強は「生き物」です。

生鮮食品と同じです。

なので、毎回内容を確実に身につけることに必死です。


1回4時間のスクールは、とても密度が濃く、復習が欠かせません。



自分でやりたくてやる勉強は、面白くて仕方ないので、

人目を盗んで・・・ついコソコソとやってしまいます。




スクールの前日・当日は、ワクワクして勝手にテンションが上がってしまいます。



朝の目覚めも良く、現勤務の疲れも感じません。






今はスクールでの『生きた学び』の中で「確かな力」をつけて、

絶対に『独立』することに集中しています。



ステップアップして、

やがては『達人』の域にまで足を踏み入れたいです。






  

                            M・M
まずこの一ヶ月間であった事のアウトプットをし合ったのですが、


自分はまだ話の組み立てが上手く出来ていないと思いました。




その後のモビリゼーションテクニックについては、


普段の施術の中であまり取り入れていなかったので、

ほとんどの技の中で、1から確認し直しのような状態でした。




自分のやり易いテクニックばかりでなく、

もっと普段から色々な技術について練習を積んで、

復習していかないとマズイ!と思いました。




また漠然と施術をするのではなく、


患者さんに何の為に、どういった事をしているのかという事を、


分り易く『伝える事』を「習慣」にしていこうと思いました。





自分が「気付き」を与えてもらうばかりでなく、


自分が人の気付きの「きっかけ」になっていかなければ・・・と、


今回も反省ばかりのGOJOでした。



CIMG0901.jpg



         富士   村松 孝幸

現在の自分を確かめられる場所と時間。


FTAの皆さんのリアルな現況が聞けるのが、とても参考になります。





判ったつもり、生半可が良く分り反省しきりです。





今後も出来るだけ参加していきたいと思います。





施術だけでない人との関わり方や、

コミュニケーションの為のノウハウや心遣い・態度、


全てに渡って普段自分の生活の中で、


あまり気付かない事に気付きを貰える良い場だと思います。




FTAスクールのカリキュラムを終えただけ・卒業しただけで、


一人だやっていたら、、、、もっとずっと大変だっただろうと思います。





出来れば修業の場として、


そして人生チャレンジし続ける仲間との集いの場として、


大切にしていきたいと思います。


CIMG6165.jpg



              静岡 からだ工房やわらぎ 柔技  洞口 博行
本日は改めて普段行っている技術の意味を確認した。



何気なく行っている技術ですが、


それぞれに意味があることを再確認することで、


頭の中が整理でき、


次の施術に対する心構えが出来たことがDOJOに参加して得たものでした。






モビリゼーションテクニックおさらいを行いましたが、



これについても普段何となく行っているだけではダメで、


指を当てる位置・強弱・体の使い方等、勉強になりました。





背骨のフィクセーションついても、


今回集中して行うことで今までにない「感覚」を掴めたことが成果でした。




再度『技』の精度の重要性、復習の大切さを感じました。




CIMG6462.jpg



         静岡県   鈴木 直樹
トリガーポイントは、

術者も患者も疲れる!しんどい!というイメージでしたが、



術者の疲れがなく、



且つ!!患者側も長い間、痛みを味わうことがないので、


相方に利点のある方法だと思った。




また腰痛に確実的な効果がある!と実感しました。




早速患者さんにも使ってみたい方法です。





腰痛という大きな範囲の”痛みの原因”を細分化しての攻め方が、


面白いです。




あれだけ施術の最中は痛かったのに、


後でホワンとリラックスしてしまうのも不思議ですね。


CIMG8278.jpg


           大阪  からだの音  かおん   志戸 夏美
今回のルーツ、トリガーポントの施術という事で

魔法みたいな授業を想像して、楽しみに参加させて頂きました。




痛くしない理楽整体において、


・・・・・・・・今日は痛かった!ですね・・・。





・・・・・がっ、楽になる。



やられる方は、


悲鳴を上げそうな所から、ゆるゆるに楽になるところまで、


振り回される訳ですが・・・・・、



やっている方は”楽チン”で、早速試してみたくなりました。





仮説を立てることで、



寝返りで痛む人・座って痛い人・立つ時痛い人・腰椎部が痛い人、




その犯人とその理屈が解かり、判断材料が増えました。




ありがとうございました。

P1010057.jpg



              小野川 

フミユセラピストアカデミー

Author:フミユセラピストアカデミー
FC2ブログへようこそ!

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。