フミユセラピストアカデミー生徒の声

フミユセラピストアカデミーの卒業生の体験談です!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011年1月27・28日FTAでマンツーマンに近い合宿体制で受講。
この2日間の感想を一言で言うと、

「人生のスタンスを”整体”する旅」になったということでしょうか・・・。

私なりに当初予定していた
ベーシック卒業→アドバンス突入という目論みが、
スクール開講一番にあっけなく!崩れ去りさりました。

ベーシックの「セットアップ」「フォーム」
「技の目的」が理解できていなかったという・・・・、
『致命的な弱点』を曝すことになり、またその弱点があるがゆえに
自分自身の『生き方』にも大きな影響を及ぼしているという
「人生の法則」に気付くというスクールとなりました。



「分っている事」と「出来ている事」の違いは認識していたつもりですが、

それも全くの認識間違い!!

FTAスクールの基本・真髄をないがしろにしていた自分に(汗!)・・・。



どうやって覚えようか?


どうすれば『技』が上手く出来るようなるのか?


どうすれば患者の身体の悩みを解消できるのか?


・・・・・こんな生意気なことをノウハウ思考で埋め尽くしていたのを、

先生に見つけられ・・・・途端!!

清水の次郎長ならぬ、御前崎親分?!(暁光先生)は今まで見せたことのない
形相で私を叱り飛ばしました。


先生は力説しました。


『目的を常に意識しろ!!』・・・・・・と。



それは整体の技を使うのみならず、

生きる目的・働く目的なども含め、

この『目的』が明確でるからこそ、そのために必要な準備と

無駄のない理に適った行動が機能し、目指すものが生まれる。


整体で言えば・・・「シンプルで無理な力を使わない施術」が生まれ、
相手(患者)に必要なメッセージが最も速く、効果的に伝わる。


これこそが本物の『技』であって、

小手先だけのテクニックや思考で武装し始めた時点で、

「相手が見えなくなる」

そして「間違ったメッセージ」を伝えてしまうことになる。



そんなことを暁光先生は、私に強く伝えてくれました。


今回も濃いスクールでした。


整体の技術・理論の内容は勿論のこと、

ノウハウに依存し、物事の本質を見失いがちだった私の日常の『弱点』に

気付かせていただきました。

何だか感想ではなく、反省文のようになったしまいましたね。

    

                   山梨県  野木 秀樹

スポンサーサイト

フミユセラピストアカデミー

Author:フミユセラピストアカデミー
FC2ブログへようこそ!

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。